ワイバーン

出身地:イギリス

獅子や鷲などと同じく、盾に描く図柄として人気の高かったワイバーン。 鋭いかぎ爪と大きな皮翼を持ち、猛禽類のように空から獲物を狙う。
もともと翼を持った小さな龍として描かれたが、王家の紋章である龍と区別するため、腕の無い今の姿に落ち着いた。 翼を広げた姿は逆三角形を描き、図柄としてはバランスの取れたモチーフであるといえる。翼竜は、多くの神話や物語などに登場し強大な力と敵意をもって人間に立ちはだかる。ワイバーンの盾を持つことは、相手に対して明確な『敵意』をあらわすものであり、単にデザイン上の理由で多用されたわけではないようだ。