トール

出身地:北欧神話

北欧神話の雷神にして農耕神。民衆に人気の高い神で、特に農民層に親しまれた。
投擲しても再び手に戻ってくるハンマー「ミョルニル」、トールの力を増大させるベルト「メギンギョルズ」などを持ち、 トール自身の力もあいまって、多くの巨人を打ち倒す功績をあげている。神々の中でも、もっとも巨人達に恐れられた神である。 しかし、計略には弱く、巨人達の魔術の罠にかかり、”大海”につながる杯を飲まされたり、”老い”が具現化した老婆と相撲をとらされたりと手玉に取られたこともある。
悪神ロキとはしばしば行動を共にし、ロキの悪戯に振り回され散々な目にあうことも少なくなかった。