ミドガルズオルム(ヨルムンガンド)

出身地:北欧神話

別名「ヨルムンガンド」もしくは「ユルムンガンド」。ロキが巨人アングルボダとの間にもうけた、またはその心臓を食べて産んだ3匹の魔物(フェンリル・ヨルムンガンド・ヘル)のうちの1匹。 主神オーディンは生まれてすぐのヨルムンガンドを海に捨てたが、海の底でミドガルズ(人間の住む領域)を取り巻き、更に自分の尾をくわえるほど巨大な姿に成長した。
ラグナロクでは、トールはミドガルズオルムに鉄槌「ミョルニル」を3度投げつけヨルムンガンドをうち倒す事に成功したが、最期に吹きかけられた毒のために命を落とし、決着は相打ちという形で終わった。